ピックアップ講座・イベント サタデーレクチャー ~早稲田の杜の教養シリーズ~ 「トランプ大統領とアメリカ」

2018.08.31

タイトル:
トランプ大統領とアメリカ
講演者:
中林 美恵子(早稲田大学 社会科学総合学術院教授)
会場:
エクステンションセンター 中野校
開催日:
2018年11月24日(土)15:00-16:30
参加費:
3,000円(税込)
定員:
100名(先着順)※状況により定員を拡大する場合がございます。
申込方法:
こちらのPeatix Webサイトよりお申し込みください。https://wuext-lecture1.peatix.com/
※お申込みに際し、オープンカレッジの会員登録は不要です。
申込締切:
2018年11月24日(土)15:00(定員に達した場合、左記を待たずに締め切る場合があります。)
キャンセル:
2018年11月23日(金)17:00までまで承ります。ご連絡方法はこちらをご確認ください。

「サタデーレクチャー 〜早稲田の杜の教養シリーズ~」の第1回として本講演会を開催いたします。

 

―なぜ中間選挙で熱狂したのか―トランプ政治の隠された意味―

「アメリカ・ファースト」、「偉大なアメリカを再び」を唱えて誕生した異色のトランプ大統領も、当選から約2年が経過した。その間、かつてのアメリカの基本的な政策を転換する方向に舵を切り、国内外に不安や混乱をもたらす傾向を強くした。その大統領も、今年11月6日に議会の中間選挙を迎えた。日本とは違うアメリカの統治システムや議会の役割を踏まえながらトランプ現象と選挙結果を振り返りながら、変化しつつあるアメリカを考える。

 
【講演者プロフィール】

中林美恵子

大阪大学博士(国際公共政策)、米ワシントン州立大学修士(政治学)。元衆議院議員。経済産業研究所研究員や財務省財政制度等審議会委員など歴任。米国在住14年のうち10年間は米連邦議会上院予算委員会の連邦公務員(共和党)として国家予算編成を担う。跡見学園女子大学准教授、米ジョンズ・ホプキンス大学客員スカラー、中国人民大学招聘教授等を経て現職。『トランプ大統領とアメリカ議会』『グローバル人材になれる女性(ひと)のシンプルな習慣』『トランプ大統領はどんな人?』等多数。

 

サタデーレクチャー 〜早稲田の杜の教養シリーズ~とは

早稲田大学エクステンションセンターでは、年間1,900を越える「オープンカレッジ」講座に加え、より多くの年代の方々に、より気軽に学びの場にご参加いただけるよう、春・夏・秋・冬の各学期に早稲田・八丁堀・中野の各校にて講演会を開催いたします。
新企画「サタデーレクチャー 〜早稲田の杜の教養シリーズ~」では、いま注目の研究者、専門家をお迎えし、90~120分のセッションで現代社会、歴史、人間、科学など、様々なテーマを取り上げます。ご参加いただくみなさまとともに、課題を分析し、新たな視点から未来への扉を開きます。
土曜日の開催のため、平日はお忙しい方々もお気軽にご参加いただけます。スマートフォンからでも簡単に参加申し込みが可能です。
これを機に、せわしない日常から一時離れ、学びの椅子に腰かけてみませんか。早稲田大学エクステンションセンターは、学ぶ意欲のあるすべての方々をお待ちしております。